【釣果報告】伊勢湾ジギング【2019年3月】

2019年3月初旬 冬の伊勢湾ジギング 釣果

今月は愛知県師崎のまとばやで伊勢湾ジギング。

伊勢湾 まとばや ジギング


この時期は6時半受付で7時出船と言うスケジュールだ。

直近の伊勢湾の釣果はどの船も悪く、渋い釣りになりそうだったが、小雨でコンディションは悪くないのでプラス要素はあった。

休日と言うこともあって満員。

くじ引きで僕ら一行は左舷艫付近を確保し出航。

先月来たときはどこにいても魚探が真っ赤だったが、今回はベイトもまばらで薄い。

序盤はベイトをさがしつつ、実績のある場所や、かけあがり、潮の流れのいいところで流してもらう。

朝の時合いを期待したが、潮が緩いのかベイトがいないのかパターンを掴めていないのか、序盤は船内全員不発。

下げの潮どまりを挟んで後半戦。

ベイトも朝よりはいい反応が出るようになり期待は高まる。

前半は鉄板のクイックゼロワンと地味に結果を出すジャックアイスロー中心だったが、
あまりにも手ごたえが無いので、後半はジグを変えた。

メインのロッドにはボッコーネCB200g、サブのロッドにゴラッソ180g。

ボッコーネでのひと流しで反応は無く、サブに持ち替えた時に隣でこの日の船中初ヒット。

なかなか上がらず注目が集まる中、右舷の方のPEと絡んでフックアウト。

引き的には良型の青物か鯛のどちらかだった。

フックアウトしたときの船長の落ち込みが印象的だった。

ヒットしたのはゼロワンだったので相当迷ったが、もう少し今のジグで行くことにした。

これを境に、ホウボウ、小ヒラメなどがポツポツ上がり何となくいいムードになったところでついに僕にもあたる。

ゴラッソで着底とジャカ巻を繰り返していたらジャカ巻き開始後に即ヒット。

底ベタ。

なかなか引くが、横に走らないのと時々叩く引きが混ざるので鯛かなーと思いつつ巻きあげる。

船べりの最後の抵抗を耐えて見えてきたのは60ちょいのワラサ。

今日のブログ用の写真を掛けた船長渾身のタモ入れがきまり無事取り込み。

伊勢湾ジギング 2019年冬の釣果



気持ちいい。

この状況で青物は最高に気持ちいい。

これが当日の僕のピークだった。

その後は、良型のサワラが1匹上がって、あとは小ヒラメとホウボウを追加して終了。

釣果は良いとは言えないが、ルアーチェンジが奏功すると気持ちいい。

ちなみに家に帰ってジグ洗ってたらゴラッソにサワラの歯形がついてた。

ゴラッソ180gについた鰆の歯形



それも、咥えた時僕はいったい何をしてたんだと思うくらい、擦れのないきれいな点状の歯型。笑 

伊勢湾ジギングはとりあえずクイックゼロワンのフォールみたいなところがあるけど、
今日みたいな渋いときは、泳ぐやつ、飛ばすやつ、いろいろ試さないといけないから
ジグのそろえ方も考えないといけないなと思った釣りだった。

この日はゴラッソがハマっていた気がする。

伊勢湾2019年冬 ベイトの大きさ


ちなみにこのワラサの中に入っていたベイトはこんな感じ。

苦戦したのは小さいカタクチが多かったからかもね。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。