愛知県のファミリーフィッシングならココ!!新舞子マリンパーク海釣り施設!!

新舞子マリンパークの海釣り施設をご存知だろうか?

名古屋港から海岸沿いに続く工業地帯を抜けたところに存在する新舞子マリンパーク海釣り施設。

ハゼからクロダイまで幅広い魚種を釣ることができる上に、
アクセスや設備にも恵まれていることから、
ファミリーからベテランまで誰でも楽しめる釣り場となっている。

今日はそんな新舞子マリンパークの海釣り施設を紹介したい。


釣れる魚

新舞子マリンパークで釣れる魚の種類:

ハゼ、キス、ギマ、ダルマアナゴ、アジ、イワシ、サヨリ、サバ、サッパ、コノシロ、セイゴ、カレイ、タケノコメバル、マゴチ、アイナメ、キビレ、クロダイ、キジハタ、タコ、外道ならシュモクザメ、アカエイ

とりあえず自分が釣ったり、他の人が釣りあげたのを見たことのある魚を挙げてみた。

ファミリーもベテランも楽しめるというのもうなずける魚種の多さだ。

噂には青物が回ることもあるとかなんとか・・・。

たまにエギングしてる人もいるけど釣れるところはまだ見ていない・・・。

個人的にはタチウオも釣れると思っている。


ポイント

新舞子マリンパークで釣り用に開放されているところは南西の堤防だけだが、
全長700mほどもあり位置取りで釣れる魚が変わってくる。

キス・ハゼ・カレイ・ギマなどを狙う投げ釣りは堤防入り口付近がおすすめ。

キジハタ・クロダイ・キビレなどをウキで狙うなら堤防の奥側が実績が高い。

あとはサビキなら入口から中央、根魚などの胴付き仕掛けなら中央から奥側がいい。

マゴチ、シーバスのルアーなら潮通しの良さで堤防の奥側を選んでもいいし、
魚がベイトについているなら堤防手前でもいい。

ただし堤防の移動スペースは狭く、
特に入り口付近はファミリーで込み合い危なすぎてルアーには向かない。

空いているところで十分釣れるので安全第一で場所を取ろう


時期・時間

時期は魚によって釣りの変わるので魚に合わせてほしい。

時間に関しては新舞子マリンパークの堤防は

利用時間が朝5時15分から夜8時まで

と決まっているのでこの範囲で検討しよう。

キジハタ、クロダイ、シーバス狙いのコアな釣り人は朝夕マズメのピンポイントが良い。

サビキ、洞突き、ちょい投げなら昼間にゆったりと釣っても十分釣果が望める。


ルール

この施設には守らないといけないルールが3つあります。

①時間は朝5時15分から夜8時まで

時間外は堤防入り口の柵が閉じるので、
入り口から離れたところで釣りをしているひとは早めに移動を開始しよう。

②竿は一人2本まで

おすすめは投げ1本とサビキ1本もしくは、投げ1本と胴突き1本。

基本投げ竿はドラグを緩め、スズを付けて放置し、
手返しが多いサビキや胴突きの竿の面倒を見るのが効率的。

干潮時は足元が浅くなり過ぎるので、サビキの場合は干潮の時間を調べておく

投げ竿に小物がかかったまま気付かずに放置すると
かかった小物をさらにエイやマゴチが食べにくることがある。

特にエイの引きは強烈で、知らぬ間に竿ごと海へ持って行かれることもあるので、
放置する投げ竿は尻手ベルトなどで柵に固定しておこう。

③ダンゴや撒き餌禁止

サビキ釣りでコマセカゴにオキアミを詰めるのはOKです。
フカセ浮きでコマセを打ったり、ダンゴにして仕掛けから放出させるのはいけません。


施設・設備

①入口に自販機

ただし海釣り施設の利用者が殺到するので、
夏場はお茶・スポーツドリンク・ボトルコーヒー、
冬はポタージュ系やあったかい飲み物が売り切れになりやすいので注意。

②トイレ

釣り場からは少し歩くけど、マリンパークの入り口にトイレがあります。

③落下防止柵と浮き輪完備

堤防には切れ目なく柵が設置されており小さい子がいても安心。
もしもの時の浮き輪も一定間隔で設置済み。

④有料の駐車スペース

十分なキャパのある駐車場釣り場の隣にあります。

⑤ゴミ箱

ゴミ箱も複数しっかりと配置されている。
風が強いので小さなゴミは袋にまとめるなど、
飛ばされにくいようにしてゴミ箱の奥へ捨てよう。

釣り場はきれいに


アクセス

アクセスのしやすさがこの釣り場の魅力でもある。

名古屋市内から一時間もかからないうえ、駐車場があるので車でも行きやすいし、
新舞子駅から徒歩20分ほどで堤防につくため電車でもアクセスできる。


フィッシングいとう

釣りの準備で重要なのがエサの確保だ。

マリンパークには近くに「フィッシングいとう」という釣具屋さんがあり
ここでばっちり餌を確保できる。

個人的にすごく気に入っているお店で、
品ぞろえが大手のチェーンとは違う方向性でとても買い物をしていて楽しい。

ぜひ一度よって見てほしい。

電車の人も少し反対側へ歩くが、
大した距離ではないので電車を利用する人もぜひ利用してほしい。

また、このお店のウェブサイトの釣り場情報で新舞子周辺の釣り場の釣果を確認できる。

この釣果報告がわりと賑わうため、貴重なリアルタイムな情報を集めることができる。

フィッシングいとうHP


まとめ

以上。魅力たっぷりの愛知の釣り場、新舞子マリンパークを紹介しました。

立地、釣果、設備すべてに優れ、どんな人でも快適で安全に釣りを楽しめる場所です。

これから釣りに適した季節、ぜひ新舞子マリンパークで愛知の海を堪能してほしい。

One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。