令和1発目天白川シーバス釣り 今日はしんみり。

「令和」

新元号が発表となった。

元号が釣りに直接かかわることなんて全くないのだが、
いかんせん僕自身が何かそわそわしてしまって、今日も天白川へ釣りに出かけた。

風が冷たく春っぽさは無い天気だし、
潮も動かずあまり良いコンディションではなかったが、
データ取りでもできればなと考えて。

仕事から帰って飯を食べて竿を持って家を出る。

短時間の釣行なのでめぼしいところ以外は竿を出さない。

今日は満月を外しており潮も動かないので河口の上流にはいないと考え、
潮見橋から千鳥橋までの海に近いエリアを狙う。

まずは前回シャローアサシンで反応のあった場所で同じ誘いをかける。

反応なし。

サイレントアサシンSP,S、スイッチヒッター、ナレージ50、
コアマンアルカリと少しずつレンジを下げつつ丁寧に探っていくが反応は無い。

勢いで釣りに来たせいでさすがにコアマン結んでいるあたりから集中が切れてきて、
竿を振りながら別のことを考え始める。


「元号が令和となったけど令和1匹目はなにが来るのか」

とか、

令和の最初に出るルアーは何だろう。

とかいうくだらないことから、


僕にとっての この30年とか


とか


忘れられない出来事


みたいな、


まじめなものまで、


いろいろ。


でもしばらくして「令和の次の元号」
とか考え始めたころにさすがに帰ろうってなった。笑


もう少し暖かくなったら令和1匹目も出てくるだろう。それを楽しみにしたい。



釣りって不思議だ。


今日は魚に会いたいというよりも、


時代の節目で所在なくそわそわして、


何かひとりで考え事がしたかったから、今日は釣りに来た気がする。


水辺で一人で竿を振りながら考えをめぐらす時間は、


釣りと出会って、時がたつにつれ、僕にとって特別な時間になった。


釣れなかったが、今日は不思議な気分だ。



さよなら平成。ありがとう。



※2019年5月の釣果報告はこちら↓




【事務連絡!!天白川護岸工事の連絡です!!】

ちなみに今、千鳥橋付近は護岸工事を実施中です。
工事期間は写真は平成31年7月31日ですが、正確には、令和元年7月31日までですね。
こういうところでも時代を感じます。

僕らの安全の為に、寒い中作業してくださっています。
邪魔にならないよう、立ち入り区域に入らないよう、マナーを守って釣りをしましょう。

天白川護岸工事のお知らせ

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。